カーボンアンダーコート剤 / セラミックオーバーコート剤|高機能接着剤の開発・製造|【協立化学産業株式会社】


協立化学産業株式会社

  • 製品
  • 実績紹介
  • 技術情報
  • 協立化学産業について
  • お問い合わせ

カーボンアンダーコート剤 / セラミックオーバーコート剤 ~ 開発者の声

新しい分野での技術を確立するために

成長市場への進出

成長市場への進出

リチウムイオン二次電池は、車載用電池や定置型電池への応用が期待されており、今後拡大が予想されている分野です。

その中で我々は現在、独自開発した機能性薄膜材料を電池メーカーや関連部材メーカーに対して提案、展開しており、開発に取り組んでいるメンバーと連携しながら、顧客価値を最大限にできる開発の方向性を見出しているところです。

独自性の高い機能性薄膜材料を追及して

独自性の高い機能性薄膜材料を追及して

当社で開発している機能性薄膜材料を用いることで、電池の安全性を高め、寿命や充放電特性を向上させることが出来ます。

例えば車載用電池は、非常に高い安全性を求められる用途であるため、電池システムに何らかの問題が発生した際の安全対策が幾重にも施されています。

当社の開発した耐熱セラミックコート剤を塗工することで、簡便に正・負極間に絶縁膜を設けることができ、耐熱性を向上させることが可能です。

また集電体に塗工することで電池の内部抵抗を減らし、充放電特性を高める導電性コート剤の開発も行っており、急速充放電特性が必要とされる車載用電池等への検討が進んでいます。更に、電極に対する活物質の密着性が向上し寿命も延びますので、長寿命特性が求められる定置型電池への応用検討も進めています。

この車載電池や定置型電池用の材料開発の案件規模は極めて大きく、また地球環境保全の観点からみて社会的な貢献度が高いため非常に注目されている分野です。

そのため必要に応じて本開発品専用のパイロットプラントの設計や、材料メーカー、大学等の公的機関、顧客との技術交流も実施しています。

技術の応用を仮説立て、実現した技術

当社の得意とする界面や表面分析技術を用いて、電池周辺で性能向上に寄与できる材料開発ができるのではないかと考え開発に着手しました。

試行錯誤を繰り返しながら、表面、界面に着目した開発を行うことによって、電池の安全性や充放電特性を高め、寿命を延ばすことが出来る機能性薄膜材料の開発にこぎつけました。

これは、当社の強みを十分に活かせた結果だと思います。

独自性を求めて

独自性を求めて

界面や表面のデザインを電池に応用することで電池特性を向上できると目論み、電池部材表面や界面を分析し、独自性の高い機能性薄膜材料の設計指針に繋がる新しい現象を幾つか発見してきました。当社では、仮説に基づくプロトタイプ開発 → 電池セル評価 → 界面分析 → 製品改良のサイクルを回すことで、より良い製品の開発を進めております。

協立化学産業の持つ技術の新しい柱として、電池用材料開発技術の蓄積を行い、次世代エネルギー開発をリードする企業にしていきたいです。

出展して改めて感じた期待感

また2012年の春、バッテリージャパンという展示会に出展いたしました。

出展を機に、国内外のお客様から予想を上回る多数のお問い合わせをいただき、多くのお客様から表面や界面設計に対する当社独自の視点に、ご支持を頂くことができました。

お客様からのご期待に答えるべく、更に高いレベルでの技術・製品の確立に注力していきたいと思います。

これからの電池市場

これからの電池市場

私どもの、電池市場へのアプローチは始まったばかりですが、接着に特化した開発で蓄積した界面分析技術と密着性向上のノウハウを強みに、この成長市場へ製品を確実に導入していき、当社の柱となる技術へと成長させて行きたいです。