協立化学産業株式会社

  • 製品
  • 実績紹介
  • 技術情報
  • 協立化学産業について
  • お問い合わせ

電池

リチウムイオン二次電池、電気二重層型キャパシタの界面状態を制御し、充放電特性や寿命、耐熱性を向上させることができる「機能膜材料」の開発

電池界面の分析技術

  • 接着技術で培ってきたノウハウや高度な界面分析技術を駆使し、電気化学的な現象を接着の観点から解明することで電池の充放電特性や寿命、耐熱性の向上を図るための設計に落とし込んでいます

耐熱性向上技術

  • セラミックコート剤をポリプロピレンやポリエチレン製のセパレーターに塗工することで熱時のシュリンク量を低減することが出来、電池の耐熱性向上に寄与することが可能で
  • またセラミックコート剤は、電池の局所的な電気化学反応を緩和する機能を有しており、局所的な劣化を防ぐことで電池寿命を延ばすことも出来ます

内部抵抗低減技術

  • カーボンコート剤を集電体に塗工することで、電池の内部抵抗を減らし、特にハイレート側での充放電特性を高めることが可能となります
  • また、集電体と活物質層間の界面抵抗が低くなることにより、電池を長寿命化することが可能です

技術適用事例:リチウムイオン二次電池

当社の電池用機能膜は、エネルギー密度が高くまた急速充放電特性や長寿命特性が必要とされる車載用電池への応用検討が進んでいます。

高機能防湿コート剤