協立化学産業株式会社

  • 製品
  • 実績紹介
  • 技術情報
  • 協立化学産業について
  • お問い合わせ

影部硬化

「UV硬化」、「2液混合硬化」、「プライマー硬化」のすべてに対応し、影部でも安定した硬化を約束する技術

触媒硬化技術

  • UVを照射することで硬化することに加え、A剤、B剤を混合することで硬化反応を生じさせることを可能とする技術です。UVが当たらない影部でも安定した硬化を得ることが出来ます
  • A剤とB剤の混合比率がバラついても硬化が可能なラフ混合への対応が可能です
  • A剤、B剤の混合による硬化以外にも、プライマーを用いた硬化にも対応します
  • UV硬化と触媒硬化の併用が可能であるため、表面部分をUVで固めることで部材を仮固定し、その後に触媒硬化によって影部を固めることで完全固定するような使用方法が可能となります

技術適用事例:2液混合型接着剤

光が当たりにくい部品構成であるスピーカーやモーターなどに使用できます。特に巻線コイルの固定用途などに適しています。

2液混合型接着剤
関連リンク

技術適用製品

評価装置

用途別事例

開発者の声