協立化学産業株式会社

  • 製品
  • 実績紹介
  • 技術情報
  • 協立化学産業について
  • お問い合わせ

WORLD ROCK UV硬化型ホットメルト

UV硬化型ホットメルトとは?

課題

接着剤のプロセスに伴う課題解決

  • オーバーフローを抑える選択的な塗布の実現
  • 塗布後、未硬化状態での高い形状保持性
  • UV硬化によって低弾性~高弾性の物性変更が可能

特徴

粘接着可能な低弾性ゲル(UV硬化前ゲル状態の弾性率:1.0E+02~1.0E+03 Pa)

  • 仮硬化、仮固定不要
  • 気泡除去性、段差追従性、応力緩和性 良好

UV硬化性を付与可能

  • UV照射による可逆性が消失
  • 形状の固定化、接着強度発現、耐久性付与が可能

    可逆性


物性

  • 光学透明性、弾性コントロール等を要求に応じてカスタマイズ可能
項目 参考値(硬化後)
外観 透明
転移温度(℃) 20~60(G'=G")
塗布温度(℃) 60~80 (η=5000 mPa・s)
推奨硬化条件(mJ/c㎡) 1,000~3,000(400mW/c㎡)
引張弾性率(Pa) 1.0E+04~1.0E+09
伸び率(%) 2~350
引張強度(Pa) 1.0E+05~1.0E+07
透過率(%) >95.0(400nm)
Yellow Index <1.0
HAZE(%) <1.0

※ ご要望に合わせ転移温度、粘度、硬化後の物性を調整可能です。



用途事例

高アクペクト比塗布、平坦膜形成

平坦膜



異形状貼り合せ

    異形状



封止、補強、流れ出し、流れ込み抑制

    抑制


仮固定

    仮固定

原理

温度変化で可逆的に「ゲル ⇔ 液体」へと状態が変化

  • 加温塗布により任意の塗布が可能(ディスペンサー、スリットコート、ジェットディスペンサー等)

    可逆性


  • 温度変化(弾性率、粘度)

    温度変化


 
工程 UV硬化型ホットメルトニュートン液体
吐工時 加温必要 加温不要
吐工後 急激な粘度上昇&ゲル化 変化しない
形状保持 ほぼ流動なし 液ダレやはみ出し


  • 可逆的変化(弾性率)

    可逆的変化

上記の特性より、下記のメリットが得られます。

  • 自由かつ多様な形状を形成可能(3D形状、シート、高アスペクト比)
  • はみ出しや流れ出しを抑制
  • 加温により容易に解体可能(リペア、仮固定)

お気軽にご相談ください。お問い合わせ