協立化学産業株式会社

  • 製品
  • 実績紹介
  • 技術情報
  • 協立化学産業について
  • お問い合わせ

企業理念

3つの経営理念

私たちは3つの経営理念を掲げ、その具体化に邁進しています。

私たちの原点

私たちは接着の機能とシステムをお客様に提供していくという視点からスタートしています

協立化学の「協」の字は、心偏に力が3つで出来ています。一人一人が心を合わせて協働するという意味です。「立」は文字通りの自立です。「協立」は、一人一人が自立し会社の夢を共有し「いざ、ともに」ということで協働して、会社の夢の実現をする自立した会社という意味でもあります。

経営というのは利潤追求という経済的合理性だけでなく、社員一人一人が自分の夢や目標をしっかり持って、会社の夢と照合しながら自己実現していくことが大変重要なことだと考えおります。

「仕事を通して、人は磨かれていく」といわれますがそれによって一人一人の働きがいとか生きがいとか、経済だけでは測ることの出来ない価値の精神的報酬を得ること、また心躍る充足感と自分の人生に明るい展望を持って知的生産活動をし、その成果に見合った報酬を得ることが出来る仕組みの人間を中心に据えた経営を目指しています。

社員の一人一人がハッピーでなければ顧客の喜びとか創造とか素敵な仕事をすることは出来ません。会社内外の活動において、「人の為に役立ち、相手から感謝されるという人間の原点的な喜び」の徹底追求が経営の本質であろうと考えております。

協立化学の基本原則

協立化学は「人間は他人のために役に立ち、相手から感謝されることに喜びを感じる」という利他性を全社共通の人間観として掲げています。そのため

  1. 協立は“仕事”の原則を「お客様や社会のお役に立つこと」ととらえます。
    ⇒「お客様、社会の利益」の実現
  2. 協立は“お客様や社会が感動する価値”を創造することが「自己の存在理由」ととらえます。
    ⇒「会社の利益」の実現
  3. 協立はお客様や社会が感動する価値を創造する過程を通じて“社員が成長し人間的な喜びを実感する”ための「場」ととらえます。
    ⇒「社員の利益」の実現

という三つのとらえ方を会社の基本原則としています。
そして、協立化学はこの三つの利益を一致させるために会社経営を行っています。